天然素材ホーム

天然素材HOMEのいろいろBLOG

2021年10月18日

お手入れで無垢材の経年美を楽しむ

家族と共に生き続ける。

少しずつ積み重なっていく。

“経年美”。

それが無垢材の魅力。

「経年劣化」ではなく「経年美」

無垢材は合板のフローリングやクッションフロアに比べると、
傷や汚れがつきやすかったりなど、メンテナンスが大変な部分もありますが、
無垢の木材ならではの魅力がいっぱいあります。

無垢以外のフローリングは、集成材などの基材をベースに、
薄くスライスした木材やシートなどを貼り付けて作られています。

これらの合板フローリングは経年より素材同士を張り合わせている接着剤が剥がれて
表面がの素材が浮いてくるなど、その寿命は10〜20年とも言われています。

合板フローリング:表面のコーティングが剥がれ、板の端が浮き始めている状態

それに対して無垢のフローリングは、木材から一枚の板を切り出しているため、
表面の剥がれなどの心配はありません。
大切にお手入れをしていけば50〜60年以上使えるとも言われています。
長く使っていくうちに表面の色は深くなり、傷や汚れも味になってきます。

そういう意味で、私たちは無垢フローリングには「経年劣化」はないと考えています。

より長く使うための無垢材のお手入れ

無垢のフローリングは空気中の水分を吸収・放出して水分量を調整しています。
極度に乾燥・吸水すると反りや歪み、ひび割れなどの原因になってきます。

そのため、普段の掃除は乾拭きなどでも問題ありませんが、
月に1~2回程度水拭きで掃除するのがおすすめです。

また、年に1~2回程度ミツロウワックスなどで磨くことによって、
無垢の木の特性は保ったまま、表面を保護することができ、
ある程度の水濡れや汚れなどにも強くなり、表面に光沢も出てきます。
また、表面の細かな毛羽立ちが抑えられることによって肌触りも良くなります。
直射日光が当たる場所や水濡れしやすい場所は
少し多めの頻度で掃除やお手入れをするといいでしょう。

左が無垢のまま・右が蜜蝋ワックスを塗布。
ワックスを塗布した方が光沢も出て水を弾くように。

細かい傷やへこみも補修可能

物を落とした時や硬いものがぶつかった時など、どうしても凹んでしまったり
傷が入ることがあると思います。

実はこの傷や凹み、自分で補修することができるんです。
方法も簡単、電子レンジで温めた濡れ布巾をあてるだけ。
濡れ布巾の上からアイロンをあててもOK

右が凹み部分に熱い濡れ布巾をあてた後。
Aは凹みがあったことがほぼわからない状態まで復元。
Bは一部木の繊維が断裂していたため、その部分は復元しないので注意。

経年美で10年後・20年後も愛着を持てる家に

合板フローリングは一度劣化してしまうと張り替えが必要になってしまう場合もありますが、
無垢フローリングですと上記のようなお手入れを続けていくことでより長い間
住み続けることができます。

どうしても気になるような汚れがついてしまった場合も、
表面を薄くヤスリで削りとるサンディングという手法もあります。

新しい家を新しいまま保つのではなく、経年による変化を楽しみながら暮らしていく。

そんな生活を提案していくのが天然素材HOMEの家づくりです。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせ

必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
電話番号
お問い合わせ内容
必須送信確認
TOP